製法特許取得・サンプル試作は樹脂ブロックで!

3Dプリンターなどの普及により試作製作は、金型が不要となりましたが、精度・反り・材料コストなども問題、物性が違うので外観程度の検査しか出来ない問題が発生しているのが現状です。
そこで、色・物性・材料コストの問題をクリアーする為、量産と同じペレット材を使い大型樹脂ブロックを製作できるよう成型機を開発いたしました。
製作した樹脂ブロックをCNCでサンプル形状に削り出すことにより、精度・反りの問題も解決いたします。
また、材料が同じなので、落下試験・強度試験などの物性的な試験も行えます。 また、極少ロット生産時の材料コストを大幅に少なく出来ます。

  • 3Dプリンタでの試作は精度に限界を感じていました。

    株式会社テクノネット

  • 試作時間の短縮につながり助かっています。

    工業デザイン会社勤務 A氏

  • 3Dプリンタは材料が高い!コストダウンにつながりました。

    一部上場企業C社

  • こんな材料を探していました。

    一部上場企業P社