弊社の樹脂ブロックの「仕上げ」についてご説明させて頂きます。

上図で上下面(厚み方向)は標準でマシニングセンターでのフライス処理仕上げとなります。

それ以外の面に関してはコンターマシン(のこぎり)でのカット仕上げとなります。

フライスとコンターマシンの仕上げ面の差を下の写真でご確認ください。

樹脂ブロックをご注文下さるお客様の殆どは、切削加工にご使用される為、コンターマシンで問題無いようです。

「一切加工は必要ないから安くしてほしい」とご要望を頂くことがあるのですが、

型の周囲はどうしても使えない部分が出来てしまう為、フライスをかけながら品質を確認します。

コンターマシンでのカット面についても場合によってはフライスをかけることもあります。

どうしても6面フライス加工が必要な場合はオプションで承ります。

フライス面の加工精度は+0.3~0.5mm コンターマシンでの加工精度は+2~3mmですので

加工精度や直角度をお求めの場合は6面フライス加工をお勧めします。