PPS樹脂ブロック・製作実績

東レ A675GS1B(PPS-I-(GF+MD)50) 

223×193×46mm

PPSの樹脂ブロック  東レPPS グレードA675GS1B(PPS-I-(GF+MD)50)

・A504X90B(PPS-GF40)も同程度サイズで製作実績あります。

PPS樹脂ブロックの製作ご依頼は以下お問い合わせフォームよりお願い致します。

https://atl-techno.net/form.html

PPS樹脂は以下のような特徴があります。(以下東レ様サイトより引用)

https://www.toray.jp/plastics/torelina/

PPS樹脂は、優れた耐熱性、寸法安定性、耐薬品性を誇る熱可塑性スーパーエンジニアリングプラスチックです。

特徴

耐熱性

長期耐熱性がきわめて優れています。 (UL温度インデックス200~240°C、UL File No.E41797)

寸法安定性

成形収縮率、線膨張係数が小さく、吸水性が低いので高温、高湿度下でも優れた寸法安定性を示します。

耐薬品性

フッ素樹脂に匹敵する優れた耐薬品性を有します。

機械特性

高強度、高剛性であり高温下でも特性の低下が少なく、また耐疲労性、耐クリープ性 に優れています。

難燃性

難燃剤を添加せずUL94V-0に合格しています。(UL File No.E41797)

電気特性

高温、高湿、高周波数のもとで優れた電気的性質を示します。

成形性

流動性が良く一般的なエンジニアリングプラスチックと同様に射出成形が可能です。