ドライカーボンとウェットカーボン

ウェットカーボンは熱可塑性の樹脂 → 熱で溶ける樹脂でカーボン繊維をはさむ

ドライカーボンは熱硬化性の樹脂 → 熱で固まる樹脂に浸したカーボン繊維を加熱し固める

ドライカーボンの方が樹脂の比率が少ない為、強度が高くなる

ざっくりこんな感じです。

弊社が開発したATLカーボンはウェットカーボンという事になりますが

独自製法によりポリカーボネイトと組み合わせ樹脂の比率を少なくして

ドライカーボン並みの強度を実現しています。

熱可塑性ですから後加工の汎用性が高くなり、様々な分野での利用が期待できます。

https://atl-techno.net/form.html

お問い合わせは上記フォームよりお願いいたします。

DSC_0141